スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ここにきての初登場

はじめまして、縞と申します。

Pさんがご多忙のため、自分が今回更新させていただきました。

作品製作の進行などについてはPさんがまた更新してくださると思いますので、自分はチラシ裏の雑記のようなものをグダグダ投下させていただきます。

さて、雑記と申しましたが以下本当に”雑”記になるかと思いますので、話題のブレなどに関しては突っ込まないでください。

ではまず、最近友人と始めたPC用オンラインゲーム、俗に言うネトゲの話から。
ジャンルはFPS、タイトルは『Alliance of Valiant Arms』というやつです。
ゲームのPCに対する要求スペックがそこそこ高いですが、それに見合ったグラフィックの鮮明さ、動きが再現されているため、なかなかリアルな感じで。
FPSのオンラインゲームのサービスはいくつもありますが、この『Alliance of Valiant Arms』の特徴は上に書いたリアルさと、プレイヤーは戦闘中にリスポーン(やられた後の再スタート)ごとに、3タイプのプレイスタイルから選択が可能という点です。
3タイプというのは、移動速度が速く近接戦闘に長けた”ポイントマン”、防御力が高く手榴弾等の投擲武器に補正がかかる”ライフルマン”、長距離から高威力の狙撃が可能な”スナイパー”となっています。自分はポイントマンを主体に時々スナイパーといった感じでプレイしています。
ゲームモードも多彩で中々楽しめるゲームだと思います。



話題は変わりますが、もうすぐコミケですね。
どんな話題転換だよ!とか、前述の項に関して、いきなりそんな話題かよ!!とか思う方がほとんどかと思いますが、こんなノリで。

はい。それでコミックマーケット、略してコミケに関してですが、自分は開催三日間すべて一般参加するつもりです。

今回は夏ということで、毎年救急車で運ばれる方々に自分が加わらないように、ある程度の準備をしていかなければなりません。
 夏場、ということで水分は必須です。ただし、トイレの問題もありますので、もって行く飲み物にも注意が必要です。コーヒーなどの利尿作用があるものは避けたほうがいいですね。
また、熱中症なども怖いですから、帽子または、それに順ずる日よけなども必須かと。
 あとは個人的には、冷やしたタオルなど持っていくといいかもしれません。
 そして、荷物は少ないほうが楽だと思います。
今回のコミケに初参加を考えている方はぜひ参考にしてください。

本当に初参加を考えている方は、毎回コミケ前の準備に関してHPなどでレクチャーしている方がいらっしゃいますのでそちらを参考にした方が安全だと思いますよ?

このサークルもいつかイベントへサークル参加する日がくるのでしょうかねー
(↑Pさんどうでしょうか?w)

ということで、あんまり長くなってもこのような感じですと読む気が無くなるかと思いますので、ここで一旦切らせていただきます。ここまで読んでいただいた方本当にご苦労さまです。

けして、ネタが無くなったとかではありませんよ?
 
グダグダしてしまうのもいけませんよね!

手遅れな気もしますけど!




作業に最適なBGMを探す毎日です

どうもーこんにちは! シナリオのP野郎です。

今日も今日とて鋭意執筆中です。

(メンバー向けに言うと、シナリオは現在S80~S90のところです。予定より約1週間分の遅れです、すんません><)

執筆量は15~160KB程度です。宣言通り、7/1から本編の執筆を開始していますので、1ヶ月間に書ける量が恥ずかしくも割り出されてしまったのですが…。

シナリオはどこよりも早く終わらせるってことで、8月はさらに全力で書きなぐっていきたい所存であります。

ところで皆さんは作業中ってBGMかけますか? それともかけない派?

自分はガンガンかけないと作業が進まない派です。
これは多分、出版社に勤めていた時の影響だと思います。
そこは結構ハードな職場でして。

出勤(フレックス的で12~14時くらいに)→即取材へ(20時くらいまで)→アポいれたりメール返したり業者に電話したりアレしたりコレしたり(24時くらいまで)→ひと段落、取材データをまとめて原稿執筆(0時~7時くらい)→12時まで倉庫で仮眠。

という感じだったので、原稿書く時間になると眠くて眠くて仕方ないんです。周りの音も結構あるので、集中しないとならないゾ! ってことでヘッドホンして音楽を聴くんですが、もうそういう時はパンク聴くしかないんですw じゃないと眠ってしまうんですねぇ。まぁ聴いてても眠っていたことも多々ありますが…。

なので未だにパンク系を聴く=原稿モード、という感じに脳が設定されているようなのです。

当時音楽CDを詰め込みまくったPCが今やここにはないので、それは在宅でやるようになってから困ったものだと思っていたんですが、いやぁ、ネットってホントすごいっすね。

ニコニコ動画の作業用BGMってのがとにかく素晴らしい。

聴きたいアーティストの名前で検索して再生の長い順でソートすると、同じくファンであるであろう動画の編集者が、自らの趣向を凝らしてまとめた音源が聴けるのです。

音質なんてそんなにこだわってませんから、自分はこの動画で充分。指がノリノリでキーボードを弾いていきます。

ですが自分が聞きたい音楽って、なかなか思いつかなかったりするんですよね。作業用BGM探すだけで1時間かかったり…。それならその時間作業しようぜって話なんですよ。

実は音楽鑑賞はP野郎の大きな趣味の1つでして。

その辺を言い出すとキリがないので止めておくことにしますが、思えば昔は音のあるなかで作業するのが苦手だったのに、やはり環境って大きいですね。

ってな感じで、たまには自宅にある音源で何か聞こうかなと思って棚をゴソゴソしていたら。

数年前、「これ聞くとJKにモテるようになる」と言われ渡されたCDを発見ww

いやいや、JKと話す機会なんてゼロですからっ


…ともあれ、今宵も作業用BGMを見つけることが出来たわけです。


シナリオ執筆に参考書!?

どうもこんにちは、MC-P野郎です。
シナリオは絶賛遅筆中でして、現在30.4%になっております。文量は大体ですが、結合させれば130KBくらいだと思います。


さてさて、今回は実際にシナリオを書く前に読んでみた参考書についてお話してみたいと思います。

シナリオに参考書とかあるの!? って突っ込みたくなるところですが、本屋でそれっぽいものが売ってたのでとりあえず購入してみたんです。


その名も『ノベルゲームのシナリオ作成技法』!

何かそれっぽいですよね?

著者は涼元悠一氏。

何を書いた人なのか全然わからなかったので、ググってみたところ、代表作は『CLANNAD』『AIR』というノベルゲームだそうです。皆さんご存知でしょうか。


それはそうとこの本、思っていたより遥かに素晴らしいんです。


まず最初に書かれているのは、「シナリオライターとは何ぞや?」という話。数ページに渡って、シナリオライターなんていいもんじゃないぞ、というような苦労話が書かれており、この時点で次のページへ進むべきか問うているようですらあります。

そして続いてはテキストエディターの選び方。それから企画の立て方、設定や企画書の作り方、シナリオにおける基本はもちろん、文法・文章の選択法、シナリオ戦術、スクリプト、演出や声撮りの注意点、デバッグの重要性など、一般知識から著者独自のテクニックまで幅広く収容されています。

特に印象深かったのは、
『感動系』と『泣きゲー』の正体
という章で、この中には

「…つまり人間という生き物は、状況に応じて泣くようにできているのです。…生理的に泣くしかない状況を正確に、あるいは大げさにシュミレートしてやれば、プレイヤーは自ずと涙をこぼすことになります。



…泣きゲーの基本手法として、非常に広く認知され、既に確立されているやり方があります。呼び方は定まっていませんが、敢えて言うなら『萌やし泣き』です。



…ですが、感動系ゲームというカテゴリーにおいては、プレイヤーは『泣けたかどうか』を唯一の判断基準とする傾向があります。泣けたから素晴らしい、泣けたから名作、泣けたからスタッフは神、というわけです。



…いつかプレイヤーの舌が肥え、ただ泣けただけの作品を褒めそやすことがなくなれば…その時、『感動系ゲーム』も『泣きゲー』も次のステップに立っているはずです。」


と、氏は綴っています。

このように、テクニックから独自の経験・さらには哲学まで書かれているので、純粋に面白い本です。オススメです。

実際にシナリオを書き始める前に読んでおいて、良かったなぁ~と思いました。

氏の代表作のノベルゲームに関しては自分はやったことがありません。
もちろん名前くらいは知っていますが…。
そしてこの本を読む限り、彼の作品は相当面白いんじゃないだろうか、と感じます。


さてさて。
8月中頃にはサークルメンバーを、色んなサイトにてドドーンと追加募集する予定です。
グラフィッカーさんや、音楽担当さん、ロゴとか作ったりするのが得意な方とかもいいですねぇ~。

夢は広がるばかりです。

それと、8月にはHPで新しいコンテンツを作ろうかな~と考えております。

頂き物(現状何も頂いてはいないのですがw)や、サークルスタッフが個人で作った”何か”を展示出来るような感じで。
例えば、絵師さん関係なら絵でしょうし、自分ならそうですねぇ。同人ゲームレビュー? とか。

夢は広がるばかりです…w


9/1がシナリオ完成予定日ですが・・・

どうもこんにちは、シナリオ担当MC-P野郎です。

今回は現在製作中のサークル処女作「わたしあうもの~loveis..~」のシナリオ進捗状況なんか書いてみますね。

現在は演出指示抜きのシナリオのみで約95KBくらい執筆完了。

プロットのシーン分割を見て計算してみると、全体の約20.6%ということになります。

はい、少し遅れてます、すいませんごめんなさい。

思えばプロットを組み上げるだけで1ヶ月もかかってしまいました。慣れない作業ってのは時間かかりますよね~><
シナリオってのは実際に書き始める前が大変なんですねぇ。もちろん実際にシナリオを書き始めてからも苦労の連続なんですが…。

出来上がったところから校正・書き直し・演出指示を入れてスクリプターさんに渡しつつ、自分でも吉里吉里/KAG、さらにはTJSを猛勉強中です。

総ライティング量は推定450~500KB程度、1プレイ時間は4~8時間くらいになる感じでしょうか…。



さてさて気になるシナリオの内容ですが!

ジャンルでいえばマルチサイト学園恋愛ADVです。

テーマは…そうですねぇ、偉人の言葉を借りるならば、
「愛はきっと奪うでも与えるでもなくて、気がつけばそこにあるもの」
という感じです。ほんとか?w

皆様の涙腺をプルプルさせるような素敵なシナリオ…になるといいなw
無論そのつもりで頑張っちゃってますがっ!

それでは簡単なSTORY紹介を。

~STORY~
↓コチラ参照っす。

STORYっぽいもの

といっても、これじゃあ何がなんだかわかりませんよねw

まぁそこはおいおい、というわけで。


キャラクターデザインも!

cd1.jpg


それではまた日記で会いましょう~!

エトオルート攻略完了

どうも、MC-P野郎です。こんにちは。

いや~、1ヶ月間という長い間に渡って繰り広げられていたW杯が先日終わりましたね。

サッカー観戦は数年前から趣味としていまして、今回の2010年は全試合見るぞ! という意気込みで、ほぼ全試合を観戦することが出来ました。思えば2006年は会社で見てたなぁ…。

ネットとテレビでの観戦でしたが、日本時間で夜中の3時過ぎから始まる試合が多かったので、もちろん生活は昼夜逆転になっちゃって苦しかったです。昼間は暑くて眠れないんですよね…。

ところで今回、皆さんはどの選手に注目していましたか?

日本の本田?
アルゼンチンのメッシ?
スペインのイニエスタ?
ブラジルのカカ?

…まぁ色々と意見はあることでしょう。

自分が今大会注目していたのは、カメルーンのスター選手であるエトオ(インテル)です。
日本と同じグループにいましたから、この大会で知ったという人も多いのではないでしょうか? インテルの前にバルセロナ所属でメッシーと共に大活躍してましたし、サッカーファンであればいかに偉大な選手であるかは既にご存知のところ。

さてさて、W杯史上初めてのアフリカ開催。
このエトオ選手はその象徴とも言われ、W杯のイメージキャラクターとしてポスターに描かれるなど、アフリカ大陸のサッカーそのものでした。



自らが貧しい幼少期を過ごしたエトオ。
サッカーシューズなどもちろん買うことは出来ず、裸足で薄汚い路地をボールを蹴りながら走り回っていたといいます。
そんな彼がスカウトされサッカー選手としてのキャリアを積んでいくのですが、周りは白人ばかり。激しい人種差別にあいます。

「白人の何倍も結果を出さないと俺たちは自分たちの地位を築けない」

そう心に誓ったエトオ。燃え尽きないハングリー精神と豹を思わせる野生的な俊敏さで次々と結果を出していきます。しかしそれでも人種差別発言が止むことはありませんでした。

野次を実力で跳ね返していく日々。次第に彼は欧州ビッククラブを代表するスター選手へと成長していきます。

そして彼はその恩返しを母国にします。かつて自分と同じように、貧しい環境にいるサッカー少年を支援する団体を作るのです。サッカーの才能がある少年には、経済的支援とサッカー選手としてのキャリアを積ませました。いつしかエトオが少年時代を過ごしていた路地はエトオ通りと呼ばれ、今尚サッカーに未来をかける少年たちで溢れています。

そして少年たちは口々に言います。「エトオはカメルーンの誇りだ」と。
エトオは少年たちに言います。「白人たちの中でゴールを決めることに意味がある」と。

2010年のW杯、コンディションが一向に上がらないまま本大会を迎えるエトオ。カメルーンの、そしてアフリカ全体の期待が彼の両足にかかっていました。かつての自分と同じ境遇の少年たちに夢と希望を与えるため、彼はピッチを駆け抜けました。



自分は両手を固く握り締めてその様子を見守っていました。
デンマーク戦での先制点、そして敗北。
そのどちらもが自分の両目を熱くしていきました。

優勝したスペインはもちろんながら、準優勝したオランダ、グループリーグを突破した日本にはおめでとうですが、エトオを中心としたアフリカンサッカーそのものにもありがとうと一言いいたくなる、そんな熱い大会だったと思います。

長くなりましたが、この熱さを胸に夏の暑さを乗り切っちゃおう! っていうことなんですw

プロフィール

同人サークル「SpiralHearts」

Author:同人サークル「SpiralHearts」
同人ゲーム製作サークル「Spiral Hearts」のBLOGです!


サークルのメンバーが、製作日記や雑談等、思いついたことを徒然に綴っていく予定!! ブロ友、ツイッター友、大募集中です、お気軽にメッセージください!



カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログパーツドロシア
けしからん小悪魔ドロシア
DTランダム
ブロとも一覧

さつきあめ

狩猟団バニー部の密猟日記

くろむの制作日記

Frozen Diary

君と涙と愛の形

今日はあれで明日はこれ

Fortschritt(躍進してぇ人の不定期な日記)

MIGMELK

おたかし工房

ピースブログ

Stripe weather

あお
最新トラックバック
最新記事
最新コメント
十六夜咲夜の大きな懐中時計

まよねーず工場
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2チャット
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。